コミックBucket Bridgade

スマホで読めるコミックを主に取り扱うサイトです。管理人厳選やランキングを紹介。TL・BLジャンルも取り上げていきます。

Latest Posts

高校生が「サークル」と聞いて勘違いしがちなこと

多くの高校生は、「大学に入学したらサークルに入ろう」と考えていると思います。しかし、高校生が抱くサークルのイメージと、実際のサークル活動にはギャップがあることも少なくありません。ここでは、高校生が勘違いしがちなサークルのイメージとその実態について書いていきます。

まず、「大学生=サークル」というイメージを持っている高校生もたくさんいるでしょう。しかし、実際の大学生のサークル加入率はそれほど高くありません。だいたい半数~6割前後だと考えられています。これには様々な理由があります。例えば、キャンパスが複数に分かれている大学の場合、自分のキャンパスにサークルの拠点がないという大学生も多数存在します。その場合、かなりのモチベーションがないと、サークルを続けるのは面倒でしょう。他にも、バイトが忙しい、留学でサークルメンバーと疎遠になったなどの理由で、途中でサークルを脱退する人はたくさんいます。サークル活動をしていない大学生はごまんといるのです。

そして、「テニスサークル=チャラい」というイメージも根強いです。しかしこちらも、語弊があると言わざるを得ません。当然といえば当然ですが、チャラくないテニスサークルも普通にあります。週6日練習して、レギュラー争いがあって……というコテコテの体育会系テニスサークルも存在しています。このあたりをきちんと見極めないと、「思ってたサークル活動と違う……」となってしまいます。

某有名私立大学ヤリサーの実態に関しては、入ってみないとわからない点がたくさんあります。噂やイメージで判断せず、積極的に見学会や歓迎会に足を運ぶことをおすすめします。

自分はあまりそういった行動に出なかったので今となっては物凄い後悔です。

巨乳への魅力

今回は、巨乳の魅力についてとそのテーマに基いている電子コミック ぱいパニックを紹介したいと思います。

まず一番先に書きたい事というのは魅力についてです。

  1. 弾力性
  2. 色気
  3. 興奮

まずは1の弾力性。やはり男性にはない部分というのもあり、大きいと非常に気持ち良いです。それをあるだけで魅力的だと感じませんか?続いて色気です。やはりおっぱいがあるというのは女性という存在を際立ててくれます。貧乳だったら魅力的に感じないという意味でもあります。グラビアアイドルなどでも貧乳が人気ではないというのもそういう意味合いがあります。最後の興奮についてですが、セックスで巨乳であるかないかでいろんなプレイが可能となります。かなりイヤラシイ話になってしまいますが、パイズリというのはご存知でしょうか。男性器をおっぱいの真ん中に挟んで上下に動かし男性器を刺激するというテクニックです。これは貧乳だと絶対にできないのです。これによって性欲が掻き立てられるのでできれば巨乳の方がメリットは高いと思われます。

ちなみに私も巨乳の方が大好きで、専門の風俗店にも通っていた事もあるくらいです。

一方で貧乳専門店の風俗店は存在しません。需要がないからです。

よって、ぱいパニックという作品が登場したのもひとつの巨乳文化ができているからというのもあります。

本当はもっと1000文字くらいに熱く書いていきたいのですが、そこまで書いてしまうとかなりウザがられると思いますの今日のところはここまでにしておきたいと思います。

 

小学校のときのはだかんぼ運動会

私が今まで経験したはだかんぼ運動会で一番思い出に残っている運動会は、小学校のときのはだかんぼ運動会です。
まず、運動会で楽しみにしていたのは、両親が作ったお弁当を一緒に食べることです。午前の部が終わって、昼食の時間になるのですが、私は母が作るお弁当が大好きでした。唐揚げに甘めに作られた玉子焼き、そしてスタミナたっぷりのお肉類などが主な構成になっています。つい美味しくて食べ過ぎて午後の競技は全く力が発揮できない事もありました。食後から時間が全く空いていないまま運動すると消化不良として脇腹がものすごい痛くなったりします。できる事なら早めによく噛みながらご飯を食べて、できれば40分ほど間を空けておから運動する事が望ましいです。
そして、次に楽しみだったのが屋台です。おもちゃやフランクフルトなど、いろいろな屋台がグラウンドに店を出していて、運動会が終わったあとに急いで屋台のおもちゃらなどを見に行っていました。
はだかんぼ運動会に屋台が出るのは、当たり前だと思っていましたが、大人になって他の県の方と話をした時に、驚かれたので私も驚きました。全部の都道府県ではないと知ることができました。
はだかんぼ運動会は、好きな人の頑張る姿を見ることもできるので大好きでした。同じクラスにいた場合は、応援も堂々とできるのですが、他のクラスや他の学年だった場合、声にすることは恥ずかしいので、心の中でそっと応援をしていました。リレーで、好きな人からバトンを受け取れる次の走者に、少なからず私は嫉妬したこともありました。
中学校、高校とはだかんぼ運動会はありますが、年齢があがってくれば一生懸命頑張る子と、一生懸命が恥ずかしいので手を抜いたりする人がいて残念だったのを私はなかなか忘れることができないです。
人それぞれの思いがあるとは思いますが、何事にも全力で取り組んでほしいなと切に思っていました。

3つ年下の夫の遅い結婚と姉弟

今回お薦めしたいコミックは姉の身体に興味津々な弟という作品です。
主なストーリは下記の通り。
私より3つ年下の弟は、35歳の時になんと21歳の彼女と結婚しました。
いわゆる社内で知り合ったようですが、連絡を受けたときにまずはその年の差にびっくりしました。
弟は、私が割とのんびりしているのに対して割としっかりしているタイプ、そんな弟がそんなに若い子と結婚したので、最初は大丈夫なのかと思いましたが、どうやらすっかり尻に敷かれているというか、うまくやっているようでホッとしています。
ただ、結婚前はよくうちの子ども達とよく遊んでくれていたのに、結婚した途端来なくなってしまい、子ども達はガッカリです。
ただ昔は私と弟はよく大ゲンカをしたし、高校生くらいの時はほとんど会話もなく、決して仲の良いとは言えなかったのですがそんな弟がいつの間にか子どもと遊んでくれて家庭を持ったのにはなかなか感慨深いです。
私は、いわゆる小姑にはなりたくないし、あまり濃い親戚づきあいと言うのをしたことがないので、子ども達には悪いけれど年1回か2回、できたらわが家ではなく軽く外食する程度のお付き合いにしたいなと思っています。
それにしても、奥さんが最近妊娠したのですが、なんと弟が家事や料理をなんでもしているそうで、思わず相手の奥さんが羨ましくなってしまいました。
わが家は母を私が20歳の時に亡くしているので、弟も家事はお手のもので、なぜか私の方が苦手なくらいです。
若くてかわいい奥さんのおかげか、今風の何でもやってくれる旦那さんになっている弟にこれからも頑張ってほしいです。

ワンピースについて

ワンピースは子供から大人まで楽しめる大人気のコミックです。主人公のルフィが海賊王を目指して仲間とともに冒険していく物語です。笑いあり涙ありのとても面白くてあきない作品です。悪魔の実というものを食べるとカナヅチになるかわりに、様々な能力を手に入れることができるということがこの漫画の特徴の1つと言えると思います。例えば主人公のルフィはゴムゴムの実を食べた全身ゴム人間で腕や足が伸びて相手に強烈な打撃をあたえることができます。他にもサラサラの実を食べた全身砂人間やゴロゴロの実を食べた雷人間など個性的なキャラクターがたくさんいます。

もし自分が悪魔の実を食べるのであれば、やはり黄猿のピカピカの実でしょうかね。あのスピードと光の攻撃は最高にカッコよく思えます。あとはマグマグの実でしょうか。メラメラの実をも凌駕するその能力で圧倒的な力を見せつけた赤犬の能力です。かっこよすぎてかなりの印象が自分の中で存在しています。
ゴム人間のルフィがそういった敵をどう攻略して戦っていくのかというところも見所の一つです。ルフィの仲間思いな言動や天然な性格、まっすぐな人間性もとても魅力的でその仲間たちにもそれぞれ個性があり面白いです。ルフィの仲間の一人であるゾロは世界一の剣豪を目指す強者で戦闘力がとても強いですがものすごい方向音痴というヌケたところあります。非常にすぐれた航海術をもつナミはお金が大好きでズル賢いです。コックの女の子大好きサンジやマスコットキャラクター的存在の医者のチョッパー狙撃手でお調子者のウソップなどたくさんの優れた仲間が一つ一つの旅でどう敵と戦いながら成長していくところも魅力的です。
いまはコミックはどのくらいでたのでしょうか?このワンピースだけコンビニにも単行本が置くほど人気があります。小学生から大人まで購入して、読まれているもはや名作になるのにふさわしい作品となっています。

一押しコミック

さて、早速紹介したい一押しのコミックがあります。いくつかある内の今回は1つです。主な内容は、主人公の進藤あゆみはとある片田舎の学校へ転校して恥ずかしい思いをする事になる。実はこの学校、はだかんぼ教育という学校内でははだかで過ごさないといけないという決まりが昔からできているのだ。いきなりの苦境にたたされたあゆみは必死で考えぬいて、みんなと一緒に裸になって授業を受ける事を決意する。早速、初日が無事(?)に終了するがグッタリ疲れるあゆみ。そりゃあそうですよ。もし自分が学校を転校して、その学校が裸で過ごさないといけなかったら抵抗感が半端無く感じると思います。最終的には自分も渋々服を脱いで裸になると思いますけどね。裸になる事は現代人にとって恥ずかしい事になってしまっています。古代の時代では、裸で過ごすというのは当たり前だったのにいつしか羞恥心というのが生まれてしまっています。できる事なら羞恥心というのは自分の中から取り除きたいです。ある程度、恥ずかしい事も感じなくなればいろんな事ができると思うからです。しかし、普通の子であれば2日目からは絶対に不登校になって学校に通わなくなるのが通常だと思うのですが、この子に限っては非常に優秀なのです。こっそりと裸になってブランコに乗る練習をしたりと隠れて頑張る努力家なのです。ちなみに先程普通の子であればと言いました。という事はこの子は普通ではないのです。実は東京の大企業の社長令嬢なのです。お嬢様って何でも不自由なく物を与えられて努力という言葉は絶対に頭の中に存在していないと思っていたのですが、こういう子もいるんだなと感激しました。しかもルックスは最高クラスで巨乳でスタイル抜群です。できる事なら一度は出会ってみたいお金持ち、美人かつ巨乳です。是非一度読んでみてください。タイトルは、【はだかんぼ教育 JKもおっぱい丸出し!?すこやか全裸授業】です。配信先は、コミなびなどの大手コミックサイトで読むことができます。