何人育てても何年経っても難しい養育について

子どもが一才になると婦人も一才、子どもが十才になると婦人も十才とゆう風になりますが、そんなことは弱いなぁと思います。
子どもは1箇月日光を重ねて大きくなり、体も考え方や言葉色々な件で大きくなります。
でも婦人はそのたびにまた考え、悩んだり喜んだりと子どもが著しくなるたびにまた一から学ぶのかなぁと思います。
子どもが一才になり、ヨチヨチ歩きだし顔付きも目立ち喜び、二才ぐらいになるとイヤイヤ期に入り、悩んだり怒ったりする。
小学校になる頃には少し握りこぶしが離れ、少し寂しい気分になり、の場合学に混ざる頃には反対期で、また悩んだり、怒ったり辛い気分になります。
そうゆう繰り返しがあり、子どものことを初めて分かる部分があると思います。
喜んだり、怒ったりやるせない気持ちになったり、さびしい気持ちを繰り返しながら、婦人はやっと一才に生まれ変われるんじゃないかなぁと思います。
何年経っても、育児は辛くてたまにハピネスがあり、だから辛くてもいっぱいの婦人が頑張っているんだろうなぁと思います。
そして、何年経っても可愛情くて、次はどんな気持ちにさせて得るのだろうとドキドキさせてくれて、掴みどころのない子どもだから苦しくても、悩んでも、一人になった状態わめきたい気持ちになっても頼れると思います。ラブリーレッグエピWケアはどうなの?